キャッシング

お金に対する考え方を変える意味でのキャッシング

キャッシングを知る

キャッシングというのは、融資のことです。融資と聞くとあまり良い印象を抱かない方も多いと思います。確かに、むやみやたらとお金を借りるのはよくありません。しかしながら、キャッシングというのはうまく活用することによって生活をより便利にする、非常に素晴らしいものであるのです。

 

ここでは、それを使った私自身の実体験について説明していきたいと思います。まず、日常生活での資金管理についてですが、ボーナス支給時などは別にして毎月の給料というのはそう大きく変動するものではありません。しかしながら、出費というのは給与と同じように変動なしとはいかず、毎月大きく変動します。たとえば正月には帰省したり外食へ行ったりと、出費がかさみます。つまり、貯金を持っていないと生活費のやりくりというのは難しいのですが、ここでキャッシングを有効に活用することができます。

 

私の場合、給料日前に生活費が不足した際などに翌月の給与で返済できる程度の少額を借り、給与の入金と同時に返済しています。そうすれば借りている期間は短いですからあまり利息を支払うことなしにキャッシングをうまく活用して生活費をやりくりしていくといったことが可能になるのです。

続きを読む≫ 2013/12/13 13:03:13

毎日しごとで使っているパソコンがとつぜん壊れてしまい、電源が入らなくなってしまいました。カスタマーセンターに電話をし、指示通りに充電池を外したり色々と試してみましたが全く音沙汰がないので、仕方なく新しいパソコンを購入することに決めました。しかし給料日前という事もあり、手持ちの資金が残り少なくなっていたのです。銀行から預金を引き落とそうかとも考えましたが、せっかくの機会だから前々から気になっていた「レディースキャッシング」を利用することにしたのです。近所にキャッシングの店舗があったのでそこへ向かい、申込みをしたあとにキャッシングを受けるための審査を受けました。受付の方が女性だったため気軽に話を聞いてもらうことができ、緊張することなく手続きと審査を終えることができました。借り入れは生まれて初めての経験だったせいもあったのか滞りなく進み、その場で即日融資を受けることができました。返済はコンビニのATMからでもできるとの事なので安心です。おかげで現在では新しいパソコンでスムーズに仕事ができるようになり、効率も上がり以前よりも高収入を得ることができています。返済は残り3万円を切ったので、今月末の給料ですべて支払ってしまう予定です。

続きを読む≫ 2013/12/13 13:02:13

キャッシングを利用したきっかけは、友人の結婚式に出席するお金を工面する為でした。今までは急な出費があったとしても、貯金を崩しながらもなんとかやりくりしつつ乗り越えてきていたのですが、同じ月に3つも結婚式入ってしまい、加えて別の友だちから出産間近だという連絡が入ったこともあり、キャッシングのお世話になることにしました。

 

借り入れをするくらいお金が無いならば結婚式を欠席すれば良いと彼氏には言われましたけれど、全員とても仲の良い友達で、出席してお祝いをしてあげたかったのでそれはできませんでした。契約をするクレジット会社は色々と調べた結果、大手のキャッシング会社に決めました。大手ならば間違いなさそうですし、自宅や職場近くにもATMがあるので返済がしやすそうだなと思ったからです。

 

そこで早速申し込みをし、契約をしました。限度額はかなり大きかったですがそんなには必要ありません。不足している分だけを借り、月々きっちりと返済しました。お陰で苦しい生活にならずに済み、友達全員にも喜んでもらえて、嬉しかったです。キャッシングに対してダークなイメージがありましたけれど、イメージが変わりました。キャッシングして良かったです。

続きを読む≫ 2013/12/13 13:01:13

キャシングは非常に便利な手段です。うまく利用すれば、生活がすごくよくなるのですが、下手な利用方法であると破滅に追い詰められます。

 

計画的に利用しないといけないのです。一番の原因は、お金が降ってくるものであるという思い込みです。私の場合は、キャッシングはあまり好きでないので、クレジットカードを作るときはキャッシングなしで申し込むことがほとんどです。

 

私の場合は学生であるので、キャッシング付きのカードを合格することができるのはかなりまれな話です。クレジットカードの場合、一括払いがメインであるとは思っています。まちがっても分割払いやリボ払い、キャッシングをすることはまずありません。なぜなら払えないものは払えないからです。あと利息がとられるというデメリットもあります。

 

もともと買えないものを買うこと事態がおかしいと感じています。私のいとこがキャッシングカードを使いすぎて、破産寸前に追い込まれたことがあります。私もかなり巻き添えを喰らいました。

 

借金とりが私の家に電話してきたなどです。かなり恐怖でした。そのことが背景にあって、わたしは嫌うのです。どうしようもならないときもありますが、安易にサラ金に手を出さない方がいいと思います。

続きを読む≫ 2013/12/13 12:59:13

日本というのは、資本主義経済ですから、どうしても資本を使って投資をして、事業を起こしたり展開することが求められる世の中になっています。このような事業を行うときに、必要となるお金というのは、基本的には銀行などで融資を受けて行うものですが、私の行っている事業というのは、それほど大きくないものですし、小さな投資や事業展開を繰り返すことが多いので、そうした日々の事業に必要なお金は、キャッシングでの借り入れを利用することが増えてきました。

 

私の事業の場合は、その収入のほとんどが月末に振り込みが行われて収入になりますので、月末の振り込み日に近い日に、事業に必要なお金がありますと、事業を止めるわけにはいきませんので、キャッシングでお金を借りるのです。まず、私の場合にはすぐにお金が手に入るころに借り入れをしますので、キャッシングを行った場合でもほとんど利息を支払う必要がありません。最近では、短い間の借り入れであれば、無利子で融資を受けることができるシステムが増えてきているので、とても助かるのです。また、キャッシングの場合は、申し込みをするとすぐに融資を受けることが出来るので、必要な時にすぐに融資を受けてることができるので、とてもありがたい存在です。

続きを読む≫ 2013/12/13 12:58:13